安心しておまかせできる台東区のリフォーム店を紹介します。

トイレ

トイレをリフォームで生まれ変わらせる重要なポイントを説明します。扉の形状や室内の手すり、収納スペースなどについて掲載しています。

トイレリフォームはバリアフリーの考えを取り入れる

トイレリフォームはバリアフリーの考えを取り入れるトイレが近い高齢者にとっては、できるだけ使いやすく清潔に保てる空間へのリフォームが望まれます。

例えばトイレの場所。高齢者の寝室やいつも過ごす場所に近いところへ設置できるとよいでしょう。場所や予算に余裕があるなら、リフォームの際に2階3階など各階に設けてもよいかもしれません。その際は、配管のこともあわせて考えます。さらにトイレまでの経路の段差をなくすなどの対策をしておくと、車いすが必要になったときにも安心です。

室内には手すりの設置を。たとえ介護が必要な高齢者であっても、恥ずかしさもあってトイレくらい誰の手も借りずに済ませたいという気持ちは強いものです。手すりがあることでつたえ歩きや立ち座りが楽になります。

さらに可能であれば、リフォームの際にドアを開き戸ではなく引き戸にするとよいでしょう。外開きだと廊下を歩いている高齢者にぶつかってケガをしたり、内開きだと万が一トイレ内で倒れて立ち上がれなくなった場合にドアをふさいでしまうことがあります。駅や公共施設のバリアフリー対応トイレのように、ドアを引き戸にしておくとより安心です。

収納スペースについて

スペースに余裕がないトイレ空間で収納部分をつくるには、例えば壁の厚みを利用して棚を設けるなど、ちょっとした工夫で対処していきます。

天地に余裕があれば、ドアの上から天井までの空間を活用するのもよいでしょう。トイレットペーパーなど重ねて置くと、地震などで落ちてくるおそれもありますので、リフォームの際に扉の設置も検討してみてはいかがでしょう。来客が使用する際の目隠しにもなります。

 
理想のリフォームを実現する業者カタログ【台東区版】