安心しておまかせできる台東区のリフォーム店を紹介します。

二世帯住宅にリフォームするときの間取りのポイント

基本的に二世帯住宅の間取りは、3つのパターンに分けて検討する事ができます。

共有する空間の範囲をどれくらいにするかがポイントとなり、範囲が狭ければプライバシーが確保しやすく、範囲が広ければ世帯ごとの関わりが密接になります。

それぞれのメリットとデメリットをご紹介しますので、二世帯住宅へのリフォームを検討している方は参考にしてみてください。

全ての空間を別個にする間取り

寝室のような個室はもちろんの事、玄関やキッチンや浴室など全ての部屋が世帯ごとに異なります。一つの建物の中で、別個の世帯の家が隣り合っているような作りとなります。

メリット

世帯ごとに完全なプライバシーが確保できる点が最も大きなメリットとなります。壁一枚を隔てて隣は違う世帯といったようなイメージの間取りとなり、お風呂から上がった後も食事を作る時も別の世帯と顔を合わせる事がありません。

朝晩のタイムスケジュールに世帯間でズレがある場合など、別の世帯に気を使う場合に採用される事が多いです。自分たちの生活スタイルによって別の世帯に影響を及ぼすことがないので、お互いに気兼ねなく過ごす事ができます。

デメリット

まったく別個の空間で生活する事になるため、予想以上に別の世帯と顔を合わせなくなってしまう場合があります。二世帯住宅にした意味がないと思えるような結果にもなりかねないので、プライバシーのみを尊重する事によって弊害が生まれないか事前に検討しなければなりません。

空間の一部を共有する間取り

ダイニングキッチンは一緒に使う場合や、玄関やリビングを共有する場合など、ある一部のみを世帯の隔てなく使用する作りとなります。

メリット

適度に顔を合わせる機会があるため、二世帯で程よくコミュニケーションを取る事ができます。共有する部分をどこにするか最適な空間を検討できれば、お互いの生活を侵害し合うような事にもなりません。ちょうど良い距離感があるため、多くの世帯から人気の間取りとなっています。

デメリット

共有する空間を失敗してしまうと、使いづらかったり生活しづらかったりする場合があります。リビングを共有にしてしまったせいで友人を気軽に招く事ができなくなる方や、浴室を共有にした場合に入浴時間の兼ね合いが難しくなる方、水回りの使いやすさの加減が世帯ごとに異なるという方もいます。

個室以外を全て共有する間取り

分かれているのは個室のみであり、それ以外は浴室もキッチンも全て共有となります。

メリット

世帯間の隔てを極力少なく保つ事ができ、両者ともに密接な関わり合いを持った生活をする事が可能です。最低限度のプライバシーだけ確保できれば良いという世帯におすすめの間取りとなっています。

デメリット

全ての空間を別個にするタイプと真逆の間取りとなりますが、通常の一軒家とほぼ変わらない間取りとなるためプライバシーの確保は難しくなります。世帯ごとの生活環境が変わっていく中で衝突してしまう事もあるので、出産や介護なども含め、将来を見据えた設計が欠かせません。

それぞれの間取りのタイプは人によってメリットとなる部分やデメリットとなる部分が異なる事もあります。将来的な状況まで見越した検討が必要です。 世帯同士の話し合いはじっくり積み重ねていくべきでしょう。

 
理想のリフォームを実現する業者カタログ【台東区版】